Commonscape - ありふれた風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀山温泉は意外に近かったが、ありえない山形

<<   作成日時 : 2005/10/10 23:36  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
三連休最終日。なんか、最近三連休が多い気がする。良いことだ。

とりあえず、山形。銀山温泉に行ってみることにする。
いつもながらに東根インターチェンジで降りると行く方向を間違う。この前もだ。

銀山は遠いと思い、途中で蕎麦を食べることに方向を変更。
大石田で蕎麦を食べる。以前、知人に教えて貰った「きよ」で。
なんとなく、地図を見ると、銀山まであと少し。
銀山に行く。

銀山はこじんまりとした温泉街だった。
ここは、泊まってみて、夕方の景色、そして朝の景色を楽しみたい場所だ。
緑萌ゆる春も良さそう、暑い夏の夕焼けも綺麗だろう、秋の紅葉だって捨てがたい、冬の雪景色も見たい。
共同浴場にはいる。

帰り道、山形で夕食。
どさくさに紛れて中古カメラ屋などに行く。以前にも来たことがあるところ。
よくよく見ると良心的な価格設定であり、思わず買いたい候補をチェックしてみたりして...

で、本日の山形市のあり得ない。

★ありえない(1)
駅の隣の駐車場のトイレで発見。専用ですか?
どんだけ、酔っぱらいが多いんだ、この街。

★ありえない(2)
仙台で人気の帽子とバッグって何?
どんなのが人気なのか知りたい。っていうか、仙台がファッションリーダーなのか。

★ありえない(3)
山形といえば、いも煮。
夕食に「いも煮定食」などを頼んでみる。
確かに定食だけど、「みそ汁」が付くのはどうだろう?いも煮自体がみそ汁代わりじゃないのか?

そんなわけで、掲載写真はありえない証拠。お店の名誉のために一部、塗りつぶしました。

いつも仙台も食べるところとか無いなと思うが、山形はそれ以上だ。
東北地方の今後がとっても心配になる。中央だけのことを考えるのではなく、地方のことを考えないと国内のいろいろなものの差は激しくなるばかりだ。心配。(ま)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
銀山温泉は意外に近かったが、ありえない山形 Commonscape - ありふれた風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる